🌳森林組合ってすごい!🌳

 今日、年長児が温海町森林組合へ見学に行ってきました!保育園を出発して数分…「もう着いたの?」「ここにあったんだ~!」と、驚く子ども達でした。温海に住んでいても知らないことがまだまだたくさんありますね。早速、森林組合の中に入り、挨拶をさせてもらうと、事務所の中がチラッと見え、「あ!あつみ杉!」「これもじゃない?!」と、建物内の様々なあつみ杉で出来たものを見て大興奮の子ども達でした。

 まず初めに木をどんなふうに切って、どんなふうに運んでいるのかDVDを見せて頂きました。子ども達がいつも触れているあつみ杉ははじめから切られてある状態です。その形になるまで山に生い茂っている木を切って機械で運び、そこからいつも子ども達が触れている形になるということを教えてもらいました。他にもどうして山をきれいにするか、木を切る“チェーンソー”のことなど、DVDを見たり、森林組合の五十嵐さんに直接聞いたりして様々なことを知ることができました。実際にチェーンソーを持たせて頂く経験も‼ずっしりと重かったのですが、「全然重くないよ!」「かるッ!」と、顔中に力を入れて持っていました。…が!実はフラフラしていたとかいないとか!

 その後、作業場を見学させてもらいました。大きな丸太やきれいな形に切られてあるあつみ杉がたくさんあり、「甘い匂いがする~。」「色が違うね。」と、あつみ杉を見ていろいろと感じていました。そこで、五十嵐さんから「あつみ杉は一本一本全部色が違うんだよ。」というお話を聞き、「みんな一人ひとりお顔が違うのと同じだね。」という子ども達の会話が聞かれました!そして、大きな丸太をきれいな形に切る様子も見せてもらうと、話すことも忘れるくらい作業に釘付けになっていました。

 たくさんのことを見て、知って、教えてもらい、お土産もいっぱい!!本当に充実した一日となりました。子ども達一人ひとりがいい目で発見したり、気づいたり、疑問に思ったり、それを言葉にしたりしている様子にとても嬉しく思いました。今日の見学をいかしながらこれからもどんどんあつみ杉に触れていきたいと思います。

 

これまでのあつみ保育園