特別養護老人ホーム・高齢者生活福祉センター 温寿荘
施設概要施設案内お知らせ
特別養護老人ホーム ショートステイ デイサービス 居住部門 ホームヘルプ 居宅介護支援事業 在宅介護支援センター
トップページショートステイ > 事業の概要
ショートステイ(短期入所生活介護)
事業の概要
事業の概要
サービスの内容
利用料金
利用にあたっての留意事項
サービスの利用方法

1 施設の目的及び運営方針

(1)施設の目的
 ショートステイ温寿荘が行う指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護の事業の適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所の指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護の提供に当たる従業者が、要介護状態又は要支援状態にある高齢者に対し、適正な指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護を提供することを目的とする。

(2)運営の方針
 要介護者等の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう入浴、排泄、食事等の介護、その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るための援助を行う。
 利用者の意志及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って公正、中立にサービスの提供を行う。
 事業の実施にあたっては、関係市町村、地域の保健・医療・福祉サービスとの綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努める。


2 当事業所の概要

施設名称 ショートステイ温寿荘
所 在 地 〒999−7124 山形県鶴岡市槙代丁53番地1
電話番号 0235−43−2351  F A X 0235−43−2381
サービスの種類 短期入所生活介護
介護予防短期入所生活介護
指定番号 山形県 第 0673100038号
入所定員 15人


3 職員体制

職  種 常 勤 非常勤 勤 務 体 制
施設長(管理者) 1名   1名 常勤(8:30〜17:30勤務)  ※ 他事業所兼務
医師   1名 1名 週2日(14:30〜16:00勤務)  ※ 他事業所兼務
生活相談員 2名   2名 常勤(8:30〜17:30勤務)  ※ 他事業所兼務
栄養士 1名   1名 常勤(8:30〜17:30勤務)  ※ 他事業所兼務
機能訓練指導員 1名   1名 常勤(8:30〜17:30勤務)  ※ 他事業所兼務
事務職員 1名   1名 常勤(8:30〜17:30勤務)  ※ 他事業所兼務
介護職員 9名   9名 常勤:日勤(8:00〜19:00勤務)
常勤:夜勤(16:30〜9:30勤務)
看護職員 1名   1名 常勤(8:30〜17:30勤務)
業務員 1名   1名 常勤(8:30〜17:30勤務)  ※ 他事業所兼務
夜警員 2名   2名 常勤(17:00〜8:30勤務)  ※ 他事業所兼務
※ 業務内容は運営規程のとおり


4 設備の概要

敷地 12,616.68m2 浴室 一般浴槽(1) 23.7m2
建物 構造 鉄筋コンクリート1階建 一般浴槽(2) 30.45m2
延べ床面積 4,580.29m2 特殊浴槽(1) 23.3m2
定員 80名 特殊浴槽(2) 42.5m2
居室 4人部屋(旧館) 9室 (36.4m2) 個人浴槽 22.75m2
4人部屋(新館) 7室 (45.6m2) 静養室 1室 22.0m2
2人部屋(洋室) 5室 ( 19m2) 医務室 1室 23.5m2
 〃  (和室) 2室 ( 〃 ) 食堂ホール 1室
1人部屋(洋室) 7室 (10.5m2) 食堂 4室
 〃  (和室) 2室 ( 〃 ) 機能訓練室 1室
1人部屋(新館) 8室 (15m2)    
※ 居室の面積表示は、1室あたりの面積です。


5 非常災害対策

非常災害時の対応 別途定める「温寿荘消防計画」により対応します。
防災設備 設備名称 個数等 設備名称 個数等
スプリンクラー なし 防火扉・シャッター 13ケ所
非常階段 なし 屋内消火栓 16ケ所
自動火災報知機 1ケ所 非常通報装置 1ケ所
誘導灯 32ケ所 漏電火災報知機 1ケ所
ガス漏れ報知機 なし 非常用電源 1ケ所
カーテンは防炎性能のあるものを使用しております。
防災訓練 別途定める「温寿荘消防計画」により、年6回避難訓練を利用者参加のうえ実施します。
消防計画 消防署届出:平成24年4月6日
防火責任者 施設長 菅原 繁


6 相談、苦情等の窓口

サービス担当窓口
電話番号 0235−43−2351
担  当 副施設長 佐藤 弘融
受付時間 月〜金曜日 9:00〜17:00まで


▲ページの先頭へ

 Copyright 2006 ONJYUSOU. All Rights Reserved. 個人情報に関する基本方針苦情受付決算報告